日焼け後のケアとおすすめの日焼け対策方法とは

154

日焼け後のケアとおすすめの日焼け対策方法とは

きちんと日焼け止めを塗っていたはずなのに、汗で落ちたり、長い時間の外出でUVカット効果がなくなっていたりして、気が付いたら日焼けしていたという経験があるのはきっと私だけではないでしょう。

油断による日焼け後のケアによっては、シミやしわを増やすこともあるし、防ぐこともできます。
そこで今回は、日焼け後のおすすめケア対策方法をご紹介します。

 

日焼け後のケアはスピード勝負

日焼け後のケアはスピード勝負

どんなに気を付けていても、うっかり日焼けをしてしまうことはありますが、海や山などのレジャーで日焼けしてしまった場合は、集中的なアフターケアが必要です。
その時に注意したいのは、1分1秒でも早くケアすることが大切だということです。

その理由は、シミが生まれる原因になるメラニンを作る色素細胞メラノサイトに、紫外線を浴びたという情報が伝達されるまでに少し時間がかかるからです。
メラニンが生成されて、シミのモトになるまでの時間は72時間が目安
だと言われています。

ということは、日焼け後3日間に正しく効果的なケアをすれば、シミのもとが生まれるのを防ぐことも可能になるのです。
日焼け後の集中ケアはスピード勝負なので、対策を始めるならのんびりしている暇はないのです。

 

日焼け後のケアの第1段階は冷却

日焼けは、かるい火傷と同じような状態です。
まず一番はクールダウンさせて皮膚の熱炎症を取り除くことが最優先のケアです。

赤くなってヒリヒリしているところには、水で濡らしたタオルを冷蔵庫で冷やして冷却します。
冷凍保冷に使用する保冷剤などをタオルに挟んでも良いですが、低温すぎると低温火傷の原因になるので、直接保冷剤を肌につけたり、長時間あて続けないように気を付けましょう。

おすすめのケア方法は、ミストタイプのローションを冷蔵庫で冷やしておいて、それを吹きかけながらクールダウンさせます。
この時に使うローションには、日焼け後にぜひ肌に補いたいビタミンC誘導体を含んでいるものを選ぶと、クールダウンしながらメラニン対策も同時にできるのでおすすめです。

 

日焼け後のケアの第2段階は保湿

日焼け後のケアの第2段階は保湿

日焼け後のヒリヒリした痛みや、熱りによる炎症が少しおさまってきたら、次にしなければいけないケアは保湿です。

日焼けしてしまった肌は、水分が熱で奪われてしまい、カラカラに乾いています。
そのまま放置していると、表皮だけじゃなく角質層の中の水分まで欠乏した状態になってしまいます。

日焼けをすると赤くなるだけじゃなく、皮膚の奥まで届く波長を持つ紫外線がコラーゲン線維を壊してしまいますので、日焼けによる乾燥とコラーゲンの弾力がなくなってしまうというダブルのダメージでしわができやすくなるのです。

まずは日焼けして乾いた肌に水分をしっかり与えるようにします。
おすすめのケア方法は、マスクシートやコットンパックです。

マスクシートは、美白用のものを使えば一石二鳥です。
日焼け後には毎日使うようにしましょう。コットンパックは、目元のケアに最適です。

目の周りは皮膚がとても薄いので、日焼けしなくても乾燥しやすくしわもできやすい部分です。
たっぷりと化粧水をしみ込ませたコットンを貼り付けて、保湿成分を浸透させましょう。

 

日焼け後の対策におすすめの美白成分

日焼け後に72時間経ってしまった場合は、もうシミやしわができるのをただ待っているしかないのか?というと必ずしもそうではありません。
日々の生活を送る間に、自分では気が付かなくてもうっかり日焼けしているかも知れないので、日々の美白ケアをしっかり続ければそんなに焦ることはありません。

シミのもとになるメラニンの生成や成長を防ぎ、メラニンの排出を助ける成分でシミやしわの対策をしましょう。
美白化粧品に配合されている成分には美白に作用する働きが認められていますが、日焼けをした時も日焼けをしていなくても、美肌のための基本として外せないのがビタミンC誘導体です。

ビタミンCには、メラニンの生成を防ぐ働きからメラニンの還元作用まであります。
もしもうっかり日焼けしてしまった時などは、高濃度ビタミンC誘導体を使って集中的にケアすると日焼けの深刻なダメージを避けることも期待できるのです。

ビタミンC誘導体を主として、プラセンタ、アルブチン、トラネキサム酸、エラグ酸、コウジ酸など美白有効成分を含んでいる基礎化粧品を続けるようにしましょう。

 

日焼け後のおすすめケア方法のまとめ

日焼け後のおすすめケア方法のまとめ

日焼け後のケアに押さえておきたいポイントをご紹介してきました。
おすすめの対策方法はスピード勝負のことが多いのですが、日々の蓄積日焼けもあるので美白への取り組みは習慣としていくようにしましょう。

 

シェア