日焼け止めのspfの意味とは!日焼け止め正しい使い方と注意点とは

275

日焼け止めのspfの意味とは!日焼け止め正しい使い方と注意点とは

日焼け止めを選ぶ時に基準にするのが、spfやpa+などの日焼け止め機能のレベルを示す表示です。
日焼け止めを何となくで選んでいてspfやpaの意味も理解しないまま日焼け止めを選んでいると、せっかくの効果が期待外れになってしまうこともあります。

基準になる表示の意味を理解して、正しい使い方をすることが肌を紫外線から守るために大切なことなのです。
そこで今回は、日焼け止め製品を選ぶ時の注意点として、spfやpa+などの表示の意味をご説明しましょう。

 

日焼け止めのspfの意味

日焼け止めのspfの意味

日焼け止めクリームや日焼け止め機能を含んでいるファンデーションなども含めて、紫外線をカットする製品には「spf」という表示があります。
spfは、サンプロテクションファクターを略した表示です。

spfの後に数字が書かれていますが、その数字が紫外線を浴びても肌を守ることができる時間を示しています。

紫外線には、UVAとUVBがあるのですが、spfはUVBの方に効果があります。
数字が大きい方が強い紫外線をカットできるという意味ではなく時間のことなので、長時間UVBをカットしたいならできるだけ大きな数字の日焼け止めを使うのが正しい使い方です。

spfの後に続く数字は、20~50くらいと幅がありますが、20は20時間、50は50時間というわけではありません。
UVBを浴びて、肌が日焼けし始めるのは10分~20分ほどです。

すぐに日焼けしやすい人は、10分で計算します。
例えばspf30の日焼け止めなら、10分×30倍で300となります。

つまり300分間はUVBを防ぐ効果が持続するわけです。
300分は5時間なので、5時間以内の外出ならspf30を目安に選ぶようにしましょう。

 

日焼け止めのpaの意味

日焼け止めのpaの意味

spfと同じく日焼け止め製品に表示されるpaは、数字ではなく「+」の数を基準にします。
こちらはUVAをカットする効果が高ければ高いほど、「+」の数が多くなります。

現在は、「++++」が最も効果が高いことを示しています。
UVAは、UVBのように季節によって強くなるわけではなく、一年を通して極端に弱くなることがないので、夏以外でもUVAをカットできる日焼け止めを使うようにしましょう。

 

日焼け止めの正しい使い方

日焼け止めの基準となるspfは、時間を逆算して選ぶ必要があります。
もしも予想以上に外出が長引いたりしたら、日焼け止めの効果が切れてしまいます。

外出先でも日焼け止めをぬり直せるように携帯するようにした方が安心です。
時間だけじゃなく、他にも注意点があります。

夏は汗で日焼け止めも落ちやすくなりますし、汗を拭きとれば日焼け止めの効果も失われます。
こまめに日焼け止めを塗り直すようにしないと、いくら長時間の効果が示されているspfの数値も意味がなくなることがあるのです。

 

日焼け止めを選ぶ時の注意点

日焼け止めを選ぶ時の注意点

日焼け止めは、数値や「+」の数が大きくなれば、それだけ強い効果があります。
しかし、強い日焼け止め効果を持つものには紫外線吸収剤という成分を使っているものがあります。

紫外線吸収剤は、紫外線を吸収して化学反応を起こして紫外線のパワーを肌に与えないようにします。
化学反応によって熱を発生させたりするので、その熱によって肌を乾燥させることがあるのです。

紫外線吸収剤のすべてが、化学反応で肌に負担をかけたりするわけではありません。
たとえば、赤ちゃんや子供が使う日焼け止めには紫外線吸収剤を使っていません。

もしも短い外出の時や、強い紫外線が届いていない天候の時などには、紫外線吸収剤ではなく紫外線反射材を使ったノンケミカルの日焼け止めを選ぶようにしましょう。
ちょっとした意識で、肌へ無用な負担をかけることを防止できます。

 

日焼け止めはきちんと落とすこと

日焼け止めはきちんと落とすこと

夏の強い陽射しにも負けず、汗や水にも強いパワフルな日焼け止め製品は、簡単に洗い流せないことがあります。
洗顔石けんやボディーソープなど普通に落とせるものか、それともクレンジングが必要なのかきちんと確認してくだい。

どれだけ紫外線をカットする効果が高くて肌を守ってくれるものでも、きちんと落とさないままでは肌トラブルの原因を作ります。
日焼け止めの正しい使い方として、落とす時まで気を配るようにしましょう。

 

日焼け止めのspfやpaについてのまとめ

日焼け止めのspfやpaについてのまとめ

日焼け止めのspfやpaの意味を理解しないまま選んでしまうと、効果的なUV対策ができません。
いくつかの日焼け止めをその日の天候や行動に合わせて使い分けるようにしましょう。

 

シェア