マスクで化粧崩れを防止するメイク方法とは!

409

マスクで化粧崩れを防止するメイク方法とは!

風邪予防や花粉予防、乾燥対策などでマスクを日常的に使っている方が男女問わずこの数年で増えています。
インフルエンザの流行シーズンや花粉症シーズンじゃないのにマスクを着けている人を見かけても何の違和感もありませんよね。

それに最近では、メイクをサボりたい時にマスクで隠すという使い方をする女性も増えているようです。
色々と役に立つマスクですが困ることもあります。

それはメイクをしたままマスクを着けると、化粧崩れが気になってしまうことです。
そこで今回は、マスクをしても化粧崩れを防止するために役立つ方法や、マスクをしている時のメイクのコツをご紹介します。

 

マスクで化粧崩れする原因とは

マスクで化粧崩れする原因とは

メイクをきれいに仕上げても、マスクで化粧崩れしてしまうからマスクを着けられないという女性は少なくありません。
そんな女性たちの声を受けて、化粧崩れ防止するマスクの開発も進んでいます。

マスクで化粧崩れする原因は、「湿度」と「摩擦」です。
マスクの中は湿度が高くなるので、その効果でウイルスの活性を抑えたり喉や鼻の粘膜をうるおす効果があるのですが、その湿度が化粧崩れの原因になります。

摩擦は言うまでもなく、マスクが触れる部分のメイクが落ちやすくなります。
触れる部分を少なくするために、ブカブカの大きなマスクを使うのは、意味がありませんからある程度の摩擦は避けることはできません。

 

マスクの化粧崩れを防止する方法

マスクによる化粧崩れは、メイクの工夫で軽減することができます。

 

メイク下地の使い方

ファンデーションをつける前にメイク下地を使うことで、化粧崩れの防止効果が期待できます。
マスクで覆われる部分は、目から顎にかけて顔の3分の2を占めています。

よって、マスクで覆われる部位には皮脂を抑えるタイプのメイク下地を使いましょう。
皮脂を抑える下地には、パウダーが含まれるのでマスクの中で蒸れても化粧崩れしにくくなるのです。

 

ファンデーションの使い方

マスクで擦れるところのファンデーションが取れてしまうと肌がムラムラになってしまうのは困ります。
そんな化粧崩れを防ぐためには、肌の色にできるだけフィットしたカラーのファンデーションを使うようにします。

ファンデーションのタイプはパウダーではなくリキッドをおすすめします。

 

リップメイクの仕上げ方

マスクでどうせ取れてしまうからと、リップメイクをしないままマスクを着けて外出すると、人前でマスクを取れなくなってしまいます。
マスクをする時はリップグロスやツヤ出しタイプの口紅は避けて、マットタイプの口紅を使いましょう。

マスクを着ける前にティッシュオフしておくと、口紅が擦れてズレるのを防ぎます。

 

チークの使い方

チークをつけるところは、マスクが擦れるところと重なるのでとても崩れやすくなります。
崩れを最小限にするためには、クリームタイプのチークを伸ばした後にパウダーチークで仕上げるようにすると落ちにくくなります。

 

マスクをする時のメイクのポイント

マスクによる化粧崩れを完璧に防止するのは難しいので、こまめなメイク直しをしてリカバリーするようにしないといけません。
そこでメイク時のポイントにしたいのがアイメイクです。

アイメイクはマスクで擦れないので崩れにくい部位ですよね。
マスクで隠れない目元のメイクをきれいに仕上げれば、マスクを取った時に多少の化粧崩れがあってもそんなにイメージダウンになりません。

 

仕上げのパウダーを活用する

仕上げのパウダーを活用する

マスクによる化粧崩れの防止のカギを握るのは、フェイスパウダーです。
最後の仕上げにパウダーを軽く乗せることでマスクとメイクの摩擦を防ぐ効果があります。

マスクの方にパウダーを軽くつけておくのも化粧崩れ防止に効果が期待できますので、ぜひ試してみてはいかがでしょう。

 

マスクでの化粧崩れについてのまとめ

マスクでの化粧崩れについてのまとめ

マスクをして外出する機会が増える季節になると、化粧崩れに悩まされるという方はご紹介した対策方法を参考にし実践いただけると嬉しいです。
是非とも、マスク美人を目指してくださいね。

 

シェア