マツエク中のアイメイク方法とクレンジング方法を解説!

245

マツエク中のアイメイク方法とクレンジング方法を解説!

マツエクはつけまつ毛のように取れてしまう心配もなく、メイクをしていない時でもパッチリした目になるのが魅力ですよね。
自分のまつ毛と見分けがつかないナチュラルな仕上がりは、つけまつ毛との違いを実感できます。

せっかくきれいに仕上がったマツエクをできるだけ長持ちさせるためには、アイメイクの方法やクレンジングを使ったメイク落とし方法で差が出てきます。
そこで今回は、マツエクをしている方のアイメイク方法やクレンジング方法を解説します。

 

マツエク中のアイメイク方法

マツエクは、自まつ毛が生えているところに付けいくものです。
よってアイメイクをする時は、マツエクが取れる原因を作る場合があるので、マツエクにやさしいメイク方法が必要となります。

 

アイラインの方法

アイラインは、まつ毛の生えている際ギリギリに描くものなので理想を言えば使わない方が良いです。
しかし、アイラインがないとせっかくマツエクをしてもパッチリした印象が弱まってしまうので、アイラインは絶対に欠かせないという場合には使うタイプを選びましょう。

マツエクにやさしいのは、リキッドアイライナーを使用することです。
リキッドアイライナーはペンシルタイプと比べて使い方が難しいと思っている方もいます。

しかし、筆ペンタイプはスッとなめらかに描けるので思っている以上に簡単です。
目尻を引いてアイラインを描きやすいように軽く引っ張るとキレイに仕上がります。

リキッドタイプのアイライナーは、汗や水に強いウォータープルーフタイプ多いです。
落ちにくいアイメイクはメイク落としでマツエクにダメージを与えるので、水に強く落ちにくくてもぬるま湯で洗い落とせるフィルムタイプのアイライナーを選ぶことをおすすめします。

 

マスカラの方法

マスカラの方法

マツエクをすると、マスカラを使わなくても十分にパッチリした印象的なアイメイクに仕上げることができます。
しかし、自まつ毛とマツエクを自然になじませるためにはマスカラを使った方がナチュラルになります。

マスカラを使う時には、注意しておきたいことがあります。

1つは、ビューラーを使って引っ張らないこと。
そしてもう1つは、重ね塗りはできるだけ控えることです。

マスカラを塗るブラシは、まつ毛を絡めやすい形状になっているので、根元からグイグイ重ね塗りするとマツエクが取れやすくなります。
アイライナーと同じように、落としにくいウォータープルーフは避けた方が良いでしょう。

 

マツエク中のクレンジングの選び方

マツエク中のクレンジングの選び方

マツエクの大敵ともいえるのがクレンジングです。
クレンジング製品の中には、マツエクをしていても使えることをわかりやすく明記しているものもあります。

しかし、何も明記されていない製品もありますので、そのような場合は使わない方が安全でしょう。

基本的にマツエクに使われる接着剤(グルー)は、オイルに弱いものなのでオイルクレンジングは使わないようにします。

マツエクに使われる接着剤にはシアノアクリレート系というものが一般的に使われています。
マツエクをする時に使用している接着剤について、確認しておくことをおすすめします。

 

マツエク中のクレンジング方法

マツエクは摩擦にとても弱いので、メイクを落とす時には擦らないことは基本中の基本です。
しかし、ある程度はマッサージして浮かせないと落ちないこともあるのでその加減が難しいですね。

そこで、マツエクを長持ちさせるためのクレンジング方法をご紹介します。

 

コットンを使う

コットンを使う

クレンジングをコットンにたっぷり含ませて軽く押えてアイメイクになじませます。
コットンがマツエクに絡まないように、押さえすぎないことがポイントです。

しばらく馴染ませたら下向きにコットンを滑らせてある程度のアイメイクを落としておきます。

 

綿棒を使う

綿棒を使う

摩擦しないようにアイメイクを落とすと、アイラインが残ることがあります。
無理にアイラインまで落とそうとして、指で擦るのはやめましょう。

アイラインは細い綿棒を使ってやさしくふき取るようにします。
水分をふき取るタオルがマツエクに絡まないように、タオルで押さえて水分を吸収させるようにしてください。

 

マツエク中のアイメイク方法やクレンジングについてのまとめ

マツエク中のアイメイク方法やクレンジングについてのまとめ

マツエクはとても便利なものですが、長持ちさせるためには少し扱い方に注意が必要です。
クレンジングのやり方によってキープできる期間にかなり差が出るので、やさしく扱うようにしましょう。

 

シェア