ファンデーションの選び方!種類や特徴・肌タイプ別の選び方

264

ファンデーションの選び方!種類や特徴・肌タイプ別の選び方

メイクの仕上がりを左右するファンデーションは、選び方を間違えるといくら頑張っても美肌メイクは仕上がりません。
自分の肌にもっとも適しているファンデーションの選び方は、ファンデーションが持つそれぞれの特徴を掴むことが大切です。

種類が豊富なファンデーションなので、どのタイプが自分の肌に合っているのかがわからなくて迷ってしまうこともあると思います。
そこで今回は、ファンデーションの種類や選び方のポイントを解説します。

 

ファンデーションの種類を分ける

ファンデーションの種類を分ける

ファンデーションの種類は、固形や液体など形状も色々あります。
使い方や使用感だけじゃなく、肌質に適したものを選ぶために種類を分けて特徴を理解しましょう。

 

パウダーファンデーション

パウダーファンデーション

粉状のファンデーションは、粉を圧縮して固形にしたタイプも含みます。
粉タイプは厚塗りになりにくく、メイク初心者でも使いやすいタイプです。

パウダーがテカりの原因になる皮脂を吸着する特徴もあるため、脂性肌の人には向いているでしょう。

パウダーに鉱物を使ったミネラルファンデーションもこのタイプに含まれます。
余計な油分や添加物を使わないので、肌にやさしいというメリットがあり敏感肌の人にも向いています。

 

リキッドファンデーション

液状のファンデーションで伸ばしやすく、カバー力も期待できます。
顔のパーツの細かい部分にリキッドが入りやすいので、ムラなくきれいに仕上がるのがリキッドタイプの特徴です。

 

クリームファンデーション

クリームファンデーション

リキッドよりもこってりとして油分を多く含むクリームタイプのファンデーションは、リキッドよりもカバー力が優れています。
シミやくすみなど、カバーしたいお悩みがある肌には向いているでしょう。

油分が多く含まれるので、乾燥肌の人にはおすすめです。
パウダーファンデーションで粉っぽくなるような人は使いやすいでしょう。

 

固形ファンデーション

コンパクトタイプのファンデーションの主流がこのタイプです。
ファンデーションの種類を見分けて選ぶのが苦手な人でも、このタイプなら失敗しにくい機能的なものです。

このタイプの特徴は、液体と粉のファンデーションを合わせています。
肌に塗った時は液体もしくはクリーム状のように滑らかに伸びるのに、すぐにパウダー状に変化します。

両性タイプなので、肌質を選ばないファンデーションと言えます。
選び方に迷った時には便利なのではないでしょうか。

 

スティックファンデーション

スティックファンデーション

クリームファンデーションよりもより多くの油分を含ませて固形にしたスティックタイプのファンデーションは、カバー力がもっとも高くなります。
隠したいところをしっかり隠すことができるのが特徴です。

油分が多いので乾燥肌にも良さそうですが、落としにくいということがネックです。
洗浄力の強いメイク落としを使わないといけなくなるので、乾燥肌がひどくなる可能性もあります。

 

肌タイプ別のファンデーション選び方

ファンデーションの種類別の特徴を考えた上で肌質に合わせたものを選ぶ必要がありますが、組み合わせることで複雑な肌質にも順応させることができます。

 

乾燥肌

乾燥肌はクリームタイプやコクのあるリキッドタイプのファンデーションがおすすめです。
しかし、乾燥しやすい肌質の人は小鼻周りなどが皮脂でテカりやすくなります。

そこで、ファンデーションを塗る前の保湿を十分に行い、テカりやすい部分にはパウダーファンデーションを軽く使うようにすると良いでしょう。

 

脂性肌

脂性肌は皮脂でメイクが崩れにくいため、メイク直しでもパウダーファンデーションを使います。
しかし、パウダーを重ねすぎると厚塗り感が増すので、サラッとしたテクスチャーでパウダー粒子入りのリキッドファンデーションをベースとしてパウダーと併用するとテカリを抑えやすくなります。

 

混合肌

混合肌は部分的に乾燥しますので、リキッドファンデーションを基本にして、乾燥しやすい部分にはクリームを重ねると良いでしょう。
Tゾーンはパウダーを使うとメイクが長持ちすると思います。

 

ファンデーションの選び方のまとめ

ファンデーションは各コスメブランドでも多種類が販売されています。
1つのタイプのこだわらず、組み合わせて使ってみてはいかがでしょう。

肌は季節によってコンディションを変えることもあるので、色んな種類を使いこなせるように試してみてください。

 

シェア