頭皮の日焼け対策!日焼け後の頭皮の正しいお手入れ方法とは

467

頭皮の日焼け対策!日焼け後の頭皮の正しいお手入れ方法とは

強い陽射しから肌を守るために、日焼け止めはバッチリしているのに、意外と忘れてしまいがちなのが頭皮や髪の日焼け対策です。

頭皮も顔と同じように、一枚の皮膚でつながっていますから、日焼け対策は大切なことです。
うっかり頭皮や髪の日焼け対策を忘れてしまったら、そのようなアフターケアをするべきなのか、ご紹介しましょう。

 

頭皮の日焼け対策グッズを活用する

頭皮の日焼け対策グッズを活用する

真夏にギラギラと陽射しが照りつけている時は、熱中症対策のために、帽子や日傘などを使うこともあるので、それだけでも頭皮の日焼け対策としては効果はあります。

ただ、日傘や帽子に使われているのがUVカット素材ならそれでもいいですが、UVカット素材じゃない場合は、日焼け止めとしては十分ではありません。

頭皮の日焼け対策を万全にするなら、日焼け止めを使った方が良いでしょう。
日焼け止めは、クリームや乳液タイプが主流でしたが、スプレータイプも増えています。
髪や頭皮にもスプレーなら使いやすいので、夏はとくに日焼け止めの併用をおすすめします。

 

頭皮の日焼けが起こすトラブル

頭皮の日焼けが起こすトラブル

日焼け対策を何もしないで、紫外線が強い日に屋外で長時間過ごしてしまうと、頭皮が真っ赤に日焼けしてしまうことがあります。
髪の毛で隠れているように見えても、頭頂部の頭皮を見ればわかります。

ひどく日焼けした状態は、軽度の火傷をしたのと同じです。
水ぶくれになったり、皮がめくれてしまうこともあります。
頭皮でも同じことが起こる恐れがあるのです。

日焼けは、ただヒリヒリして炎症を起こすだけではなく、皮膚の細胞にダメージを与えて、老化させてしまいます。
頭皮がヒリヒリ痛くなるほどひどい日焼けをしてしまうと、毛根細胞もダメージを受けているので、抜け毛の原因を作ることになります。
分け目の部分はとくに日焼けしやすいので、後々の薄毛にも影響するかも知れないのです。

 

頭皮の日焼けが顔のたるみの原因になる

頭皮の日焼けが顔のたるみの原因になる

日焼けは、シミやしわの原因を作るので「顔は絶対に日焼けさせない」と意気込んでいる女性は多いですが、顔と頭皮はつながっています。
頭皮の日焼け対策に手を抜いてしまうと、頭皮がどんどん弾力を失い、それが原因で顔のたるみが進んでしまうリスクがあります。

リフトアップのために、頭皮のケアが大切なので、ヘッドスパマッサージが有効だと言われているように、頭皮も顔と同じくらい日焼け止めをしないと、顔だけ守っても老け顔になってしまうかも知れないので気を付けましょう。

 

頭皮が日焼けしてしまった場合のお手入れ方法

頭皮が日焼けしてしまった場合のお手入れ方法

頭皮の日焼け対策がいかに大切なことかお話してきましたが、夏の海でつい楽しくて、うっかり日焼けしてしまうこともあると思います。
もしも頭皮の日焼けを防げなかったとしても、すぐにケアすれば深刻なダメージを軽減することはできます。

  • ビタミンCをしっかり摂る(紫外線ダメージを還元する効果がある)
  • クールダウンさせる(冷却スプレーなどを使う)
  • シャンプーの時に頭皮を擦らない
  • ブラッシングを控えめにする
  • ドライヤーは30センチ以上離して低温で使用する
  • 頭皮用の保湿液などで保湿する

日焼けした直後は、このような手入れで日焼けの炎症を早く鎮めるようにします。

ヒリヒリするような炎症が治まったら、低刺激性の頭皮用エッセンスやローションを使って頭皮マッサージを続けてみましょう。

 

髪の日焼け対策

髪の日焼け対策

頭皮が日焼けしてしまった時は、髪の毛にも相当なダメージがあるはずです。
髪の毛が紫外線で日焼けしてしまうと、赤茶けたような色になることもあります。
そのまま放置してしまうと、髪の日焼けダメージが悪化してしまいます。

髪の毛の表面はたんぱく質がコーティングしています。
このコーティングはキューティクルと言われているもので、魚のウロコのような状態になっています。
日焼けのダメージでキューティクルがボロボロになると、髪の毛の内部からたんぱく質が溶け出してしまい、乾燥してパサパサになったり、切れ毛や枝毛の原因となります。
頭皮と同じように、髪の毛もスプレータイプの日焼け止めを使うようにしましょう。

 

頭皮の日焼け対策まとめ

頭皮も髪も、紫外線を浴びればダメージを受けてしまいます。つい忘れがちになっていたという方も、これからは顔と同じように考えて対策をしていきましょう。

 

シェア