秋の髪ダメージにヘアケア対策!夏に受けた紫外線を放置する深刻に!

434

秋の髪ダメージにヘアケア対策!夏に受けた紫外線を放置する深刻に!

夏が終わったころに髪の毛がパサパサになってツヤが失われていることに気が付いてしまったという方は少なくないでしょう。

夏の髪ダメージを秋に持ち越すのではなく、夏のダメージは夏のうちに修復することが大切なのですが、秋になってからヘアケアに励むことが完全に手遅れになるというわけではありません。

今からでも美髪になるためにできることをご紹介しましょう。

 

秋の髪ダメージは夏の紫外線が原因

秋の髪ダメージは夏の紫外線が原因

秋の髪がパサパサになってしまう原因の大半は、夏の紫外線によるダメージによるものです。
紫外線で焼けてしまった髪の表面はボロボロになっています。

髪の表面にあるキューティクルは、魚のウロコのような感じで何枚も重なっていますが、紫外線で焼けてしまうとボロボロとはがれやすい状態になっています。

皮膚の日焼けでは、赤く焼けてしまった後は皮がむけてしまいますが、それと同じように髪の毛の表面もボロボロとむけ落ちてしまうのです。

 

夏のダメージを修復する方法

美髪になるためには、髪や頭皮も紫外線対策することが大切なのですが、それができなくてダメージを受けてしまった場合は、どのようなヘアケアをすると夏のダメージを「なかったこと」にできるのか知りたいですよね。

 

しかし、残念ながら紫外線で焼けてしまったキューティクルはどんなにヘアケアしても修復することはありません。
その部分のダメージをなかったことにするためには、カットしてしまうしかないのです。

それが簡単にできない場合は、今以上にダメージを悪化させないようなヘアケアを続けることになります。
新たに伸びてくる髪の健康を守るヘアケアをすればダメージのケアできることもありますが、集中的なヘアケアをして少しでも回復を助けるようにしてみましょう。

 

秋に行う髪のダメージケア

紫外線で焼けてしまった髪は、水分が失われているのでパサパサになりやすいです。
水分を補っても、キューティクルがはがれているので蒸発してしまうのです。

パサパサ髪のケアには、水分の蒸発を防ぐためにオイルなどの洗い流さないトリートメントでコーティングをしてみましょう。
オイルの成分には植物由来のものなどもおすすめです。

  • アルガンオイル
  • ホホバオイル
  • 椿油(カメリアオイル)
  • バオバブオイル
  • アボカドオイル

このような植物由来のオイルから作られたヘアオイルは、髪の乾燥を防ぎ艶やかな美髪へと導きます。
ビタミンやアミノ酸など髪の栄養になる成分を含む植物由来のオイルは、ダメージを受けている部分に密着して栄養を補う効果も期待できます。

 

ヘアオイルの使い方

ヘアオイルは使う量やタイミングを間違えると油っぽくベタベタになってしまいます。
使用する量はほんの数滴にして、様子を見ながら使用する量を調整してください。

使うタイミングはシャンプー、コンディショナーを終えた後です。
お風呂の中で使う場合はすすぎ終えた後に手の平に広げて馴染ませます。

タオルドライする前になじませる使い方は、べたつきが心配な方におすすめです。

タオルドライした後に使う場合は、1滴ずつ手の平で伸ばして毛先を中心になじませます。
毛先がパサつきやすい場合は何度か分けて重ねるようにしましょう。
髪の根元にオイルをつけるとペチャンコになることがあるので、毛先を中心につけることがポイントです。

 

ミストで髪の乾燥を防ぐこと

ヘアオイルでコーティングしても、時間が経つとパサつきが気になるようなダメージがあるのなら、ヘアミストを使って髪にうるおいを与えてください。

ヘアミストは髪に水分を与えるだけじゃなく、オイル成分も含んでいるものを使えばしっとり感をキープすることができます。
外出先でも使えるように携帯するといいですね。

朝のスタイリングの時にもミストでしっかりうるおいを与えておくと、乾燥を防ぎながら寝ぐせ直しなどにも使えるので便利ではないでしょうか。

 

秋の髪ダメージについてのまとめ

秋の髪のダメージのまとめ

夏に受けた紫外線のダメージは、どんなヘアケアをしても100%なかったことにはできませんが、丁寧なオイルコーティングや保湿ケアでパサパサ髪になるのは避けることができるでしょう。

でも、ほんとはダメージを受けないことが理想ですから、来年の夏は髪の紫外線対策を忘れないようにしてください。

 

シェア