TLABeS(トラビス)スタイリスト 鈴木 俊彦 インタビュー

535

福山市曙町にある美容院「TLABeS(トラビス)」。
今、オシャレな若い女性に注目されているヘアサロンです。
その中でも、抜群の技術とセンスを持った実力派スタイルリスト鈴木俊彦さん。
美容のスタンスやこだわり、TLABeS(トラビス)への想いや可能性などをインタビューしました。

TLABeSをオープンしたきっかけは?


そうですね、このお店を作ったきっかけは、1番は僕たちのスタイルの提供する場所を作るっていうのが1番なんですけど、後はやっぱりトラビスの雰囲気だったり、トラビス流のおもてなしだったり、やっぱりそういったモノをお客様に提供出来る場所を作りたかったのが1番の理由ですね。

 

TLABeSの売りは?


女性がやっぱり年齢を重ねる度に出てくる悩み、それが髪の毛だったり、爪の事だったり、頭皮だったりそういった悩みを改善する事が一つと、それと後キッズスペースもあるんですけど、主婦の方が小さいお子様を連れて来やすい環境を作るという事、最後にもう一つはやっぱり「技術」、「知識」、「培ってきた経験」やっぱそういったのでオリジナルスタイルと言うか、お客様の個性を活かすスタイルを作るっていうのがTLABeS(トラビス)のスタンスですね。

 

美容への想いは?


想いは、そうですね、凄く強い方だと思いますね。
ウチのスタッフ全員そうなんですけど、「想像するという事」、「追求するという事」、それと「行動するという事」、やっぱりこういう風にしてたら自ずと技術力も身に付きますし、後発想力もやっぱりスタッフ皆で言うんですけど、その人の人生を美容で変えれた瞬間が一番好きなんですよね。喜んでもらえたなとか。
だから、やっぱり最初に言った「追求する」事だったり「想像する」、「行動する」、やっぱこれらは凄く大事にして行きたい事ですね。

 

未来について...


将来的にはトータルビューティーサロンにしたいですね。
今の時代、発信して行くってのが凄い大事だと思うんですね。
スタッフにもよく言ってるんですけど、どれだけアクティブに行動出来るか、どれだけクリエイティブに想像出来るか、やっぱそれをやり続ける事が凄く大事だと思うんですよ。その作ったスタイルっていうのをやっぱり観て貰わないと意味がないと思うので、コレッゾビューティーもそうですしSNSもそうですし、やっぱりそうゆうのを使って発信して行く事が凄く大事だと思います。

 

この福山で育ったんでやっぱり町をもっともっとお洒落にしたいですね。
町の人をどれだけそういう想いで美容家達が本気でどれだけやるかってのが凄くこれからそういう仲間達と切磋琢磨しながら作っていきたいですね。
何か大きなモノを…

 

TLABeS(トラビス)スタイリスト鈴木 俊彦


男性目線であなたの”可愛い”をプロデュース致します。
色気のあるシャープなスタイル、透明度のあるフェミニンなスタイル作り。
どちらも得意です。
ぜひ僕の手と感性であなたの美を担当させてください。

シェア